知ってるようで知らない洋食器の種類&用途を解説

western-tableware料理を載せるプレート(料理皿)、コーヒーや紅茶を飲むためのカップ、そしてカップを置くためのソーサー……などなど、洋食器にはさまざまな種類のものがあります。
また、同じプレートでも細かい種類がいろいろと分かれており、用途が異なったりするので少々厄介です。
そこで、ここでは代表的な洋食器の種類と、その用途について解説してみたいと思います。

プレート

プレートは料理を盛り付けるためのお皿を指しますが、盛り付ける料理によってさまざまな種類が分かれています。それぞれ解説してみたいと思います。

○ディナープレート

一般的に使用されているプレートがこちらです。
食卓では出来上がったメインディッシュなどが盛り付けられることになります。
直径は25センチ程度です。
「ディナー(夕食)のプレート」という名称ではありますが、朝食や昼食の料理を載せる皿としても使えます。

○デザートプレート(ケーキプレート)

文字通り、デザートやケーキを盛り付けるための小さなお皿を指します。
直径は20センチ程度です。
サラダやパンを取り分けるときの取り皿として代用されることもあります。

○パンプレート

こちらは、パンを置くためのお皿です。
デザートプレートよりも小さく、直径15センチ前後となっています。
また、デザートプレートと同じく取り皿として使われることもあります。

○スーププレート

スープを入れるための底がやや深いプレートを指します。
直径は約20センチ。洋食の本場ではディナープレートの上に置かれることになります。

○オーバル(プラター)プレート

ローストビーフやマッシュポテトなど、取り分ける必要がある大きな料理を載せる大ぶりのお皿を指します。
Oval(オーバル=楕円)のプレートのほかに、Platter(プラター=円盤)のプレートがあります。

カップ&ソーサー

紅茶やコーヒーを楽しむためのカップと、その受け皿であるソーサー。
一見するとどれも同じように見えますが、コーヒー用と紅茶用に分かれています。

○コーヒーカップ&ソーサー

コーヒーカップの特徴は、紅茶用のティーカップに比べると底が深く、口が狭くなっていることです。
これは、外気との接触を少なくしてコーヒーを冷やさないようにするための工夫とされています。

○デミタスコーヒーカップ&ソーサー

デミタスコーヒーとは、いわゆる「濃い目のコーヒー」のことです。
特にエスプレッソを指すことが多いとされています。
エスプレッソなどの濃いめのコーヒーは、1回で飲む量を少なめにするのが一般的であるため、デミタスコーヒーカップは通常のコーヒーカップよりも小さく作られています。

○ティーカップ&ソーサー

ティーカップは、紅茶用のカップです。
紅茶は、味だけでなく香りを楽しむ文化があったことから、香りが広がりやすいように口が広めになっています。

その他

プレートやカップ&ソーサーのほか、ティータイムに使うティーポットやコーヒーポット、また砂糖を入れるシュガーポットやクリームを入れるクリームポットなどがあります。
ティーポットは、茶葉がポットの中で広がりやすいように横幅が大きく、コーヒーポットは温度を一定に保つために縦に長いという特徴があります。

その他、サラダボウルやグラタン皿、スフレカップなどそれぞれ用途に応じたさまざまな食器があり、使用されています。

不要な食器は買取業者にお任せ!

いかがでしょうか。
一口に「プレート」「カップ」といっても、実に多種多様です。
洋食器にはさまざまな種類のものがあり、それぞれ有名ブランドの物であれば高価買取が期待できます。
「ブランド物のデミタスコーヒーカップがあるけど、エスプレッソは苦手だから使いどころがない」
「いただき物のスーププレートがあるけど、使いみちがない」
そんなときは、買取業者に依頼して査定を受けるのがおすすめ。特に、洋食器に詳しい業者を選ぶのが高価買取のコツであるといえます。
当サイトでは優良な買取業者の情報を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

食器買取業者9社を比較!本当にオススメの業者3社に厳選!