セーブルってどんなブランド?

sevresセーブルは、フランス生まれの洋食器ブランドで、緻密な細工と豊かな色彩があふれるロココ調が全盛期を迎えていた時代に誕生。
現在に至るまで、カラフルでありながらも気品にあふれた色合いの食器が多くの人に愛されています。
そんなセーブルの食器ですが、

「どんなブランドなのかよくわからない」
「売りたいんだけど、どんな食器が高く売れるの?」

など疑問に思っている方も多いでしょう。

そこでここでは、
・セーブルとはどんなブランドなのか
・高価買取が期待できるセーブルの食器とは?
といったテーマでまとめてみたいと思います。

セーブルについて

セーブルは、もともとはフランスのヴェルサイユ宮殿にほど近い地名ですが、1756年、この地に陶磁器製作の窯のひとつであった「ヴァンセンヌ窯」が移ってきたことでその名を知られるようになりました。
パリ近郊にあったヴァンセンヌ窯は1738年創業で、上質な陶磁器を製造していましたが、この年にセーブルに移り、以後はセーブル窯がロココ調の美しい装飾・彩色をほどこした食器類を製造していくことになります。時はルイ15世が治める世であり、芸術や工芸に理解があるルイ15世の公妾ポンパドール婦人の後押しを受け、セーブル窯は1759年に「王立セーブル製陶所」として陶磁器の製造にあたることになります。
以後、その美しい陶磁器は世界中の人々を魅了し、ロココ調の装飾の上質さも相まって、現在も多くの人に親しまれています。

高価買取が期待できるセーブルの食器とは?

ロココ時代を代表する食器ブランドであるセーブルでは、色彩豊かなデザインの食器が数多く製造されました。そして現在においても、彩り豊かなセーブルの食器は高い人気を博しています。
特に、以下に挙げる「ブリュ・ド・ロワ」「クラウデッド・ブルー」「ローズ・ド・ポンパドール」という3つの特徴的な色が用いられた食器は、セーブルの食器の中でも特に高い価値を持っています。

○ブリュ・ド・ロワ

多彩な色合いの美しい食器を生み出しているセーブルは、特に「青」にこだわっている窯でもあります。
中でもとくに有名なのは、「ブリュ・ド・ロワ」というカラーです。
深みのある紺色に近い青で、気品の高さがうかがえるのがポイント。食卓に高級な彩りを添えるということで、世界的な人気があります。

○クラウデッド・ブルー

こちらも「青」の一種で、「クラウデッド(曇りの)」という語が入っているように、曇ったようなくすみをあえて入れているカラーを指します。
独特の雰囲気が生まれるので、セーブルのファンの間では高く評価されています。

○ローズ・ド・ポンパドール

セーブルの後押しをしたポンパドール婦人の名をとった「ローズ・ド・ポンパドール」は、ややピンクがかった赤色で、洗練された雰囲気のあるカラーとして知られています。
こちらの色の調合に関しては、国立科学アカデミーに所属していた科学者のエローという人物のみが心得ていたものだったため、彼の死去とともに失われたとされています。
そのような事情もあり、ローズ・ド・ポンパドールの作品は特に希少価値が高いものとなります。

まとめ

セーブルは、フランス発の食器ブランドで、「王立セーブル製陶所」として発足。ロココ調の美しい色合いの食器を生み出し、現在においても多くの人に親しまれています。
特に、今回取り上げた

「ブリュ・ド・ロワ」「クラウデッド・ブルー」「ローズ・ド・ポンパドール」

といったカラーの食器は人気が高く、高価買取が期待できます。

そんなセーブルの食器を売却したいとお考えの際は、食器に詳しく査定の経験が豊富な査定士のいる買取業者のサービスを利用するのがおすすめといえます。
培った経験と知識をもとに適正価格で買い取ってくれるでしょう。