ローゼンタールってどんなブランド?

rosenthalドイツを代表する食器ブランド「ローゼンタール」
ここでは、

・ローゼンタールとはどんなブランドなのか
・人気シリーズ(高価買取ができるシリーズ)はなにか

についてまとめてみました。ローゼンタールがお好きな方、まだよくご存知でないという方もご覧になってみてください。

ローゼンタールについて

ローゼンタールの創業は1879年。ドイツのバイエルン州で誕生しました。
ドイツでは長い間「白磁は貴族のために作られた美術品」とされていましたが、この頃になると「一般市民が使う日用品」も多く製造されていました。

創立者のフィリップ・ローゼンターは、真っ白で絵柄がない食器を製造する工場に目を付けました。そして、絵付師と共に「白いお皿に絵付けをする工房」をスタートさせたのです。

一般的に、食器は製造から絵付けまでが製造(制作)工程に組み込まれています。そのため、「絵付けを専門的に受け付ける」という事業は真新しいものとして受け入れられ、話題を呼びました。
こうして「絵付けビジネス」で成功を収めたフィリップでしたが、「より良質な陶器を製造したいと考えるように。
1891年には自社工場を設立し、高品質な陶器の製造、絵付けまでを行うメーカーとして成長したのです。

1958年になるとフィリップの息子、フィリップ・ローゼンタール2世が事業を継承します。彼は「芸術」に注目し、独創的な作品を作ることに注力しました。
そして1961年、「ローゼンタール・スタジオライン」という工房を設立。
有名デザイナーやブランドとのコラボレーションを実現するなどし、世界中から高い評価を得る食器ブランドとして成長を遂げました。

高価買取が期待できるシリーズ

シンプルで飽きの来ないデザインから、繊細で美しいデザイン、豪華で目を引くデザインなどさまざまなシリーズを生み出しているローゼンタール。
ここでは、人気の高さ、希少価値などの観点から「高価買取が期待できるシリーズ」をご紹介します。

○魔笛

ローゼンタールの代表作ともいえる「魔笛」シリーズ。こちらはモーツァルトのオペラ作品『魔笛』をイメージして作られたシリーズで、ローゼンタールで一番人気ともいわれています。
デザイナーはデンマークの人気芸術家、ビョルン・ヴィンブラッド。
立体的な凹凸で魔笛の世界観を再現しており、オペラファンからの人気も高いシリーズとなっています。
色はホワイト、ゴールド、ブラック。
ブラック、ゴールドは生産数が少なく、中古市場でも流通が少ないため高価買取が期待できます。

○ロマンス

デンマークの芸術家ビヨン・ヴィンブラッドがデザインを務めた「ロマンスシリーズ」はファンから高い評価を受けています。
ちなみに、デザイナーのビヨン・ヴィンブラッドは2006年にこの世を去っています。今後は「ロマンス」に限らず、彼がデザインしたシリーズすべてが高価買取の対象になるといわれています。

○ヴェルサーチ

イタリアのファッションブランド「VERSACE」とのコラボレーションしたシリーズです。
ヴェルサーチの世界観とローゼンタールの伝統が融合された商品は、まさに「豪華絢爛」。一度見たら忘れられない仕上がりとなっています。
現行品であるため、未使用品や外箱などの付属品が揃っている商品は高価買取が期待できるでしょう。

まとめ

ドイツを代表する磁器ブランド「ローゼンタール」。
しかしローゼンタールの食器をお持ちの方の中には、

「そろそろ手放そうかしら……」

とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
このようなときは買取専門店に買い取ってもらいましょう。ブランドの価値、希少性を理解した査定士がいるお店であれば、高価買取も可能です。
特に魔笛シリーズは現在も需要が高いため、専門的な査定を受けられることをおすすめします。