リチャードジノリってどんなブランド?

richardginori最近、リチャードジノリの買取に力を入れている買取業者が増えてきました。
しかし、

「聞いたことあるけど、どんなブランド?」

と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は「リチャードジノリ」についてまとめてみました。
食器ファンではなくても理解していただける内容となっていますので、ぜひチェックしてみてください。

リチャードジノリについて

リチャードジノリ(現在の「ジノリ1735」)はイタリアを代表する磁器ブランドです。
創立は1735年。
この頃ドイツのマイセン社が白磁制作に成功し、貴族の中でも「東洋風の食器」が大流行していました。

そこで鉱物学に詳しいカルロ・ジノリが「トスカーナ(現在のイタリア)でも白磁を作りたい!」と開窯した工房がリチャードジノリの原点とされています。
リチャードジノリの特徴は、その「白さ」。
ジノリの長男ロレンツォが更なる白さを求めて改良を行った結果、「トスカーナの白い肌」といわれるほど透明感のある白磁が完成したのです。
当初は貴族の流行に合わせた華やかな食器を制作していたリチャードジノリですが、白磁を活かすシンプルなデザインも多数発表しています。

高価買取が期待できるリチャードジノリの人気シリーズとは?

シンプルで美しいデザインが多いリチャードジノリ。
「とくに高く売れるシリーズとは?」
と気になる方もいらっしゃることでしょう。今回は中古市場でも人気の高い4つのシリーズをご紹介します。

〇ベッキオホワイト

イタリア語で「古い」を表す「ベッキオ」。
このシリーズは1700年代から作られており、リチャードジノリのロングセラー商品になっています。
特徴は、絵付けをしていないこと。
当時は東洋風な絵柄をつける食器が主流となっていましたが、ベッキオホワイトはバロック様式の曲線、編み込み模様などの「リレーフ」を施し、白肌を楽しめる作りになっています。

〇イタリアンフルーツ

青紫色のプラムに彩り豊かな小花があしわれた『イタリアンフルーツ』はトスカーナ地方の貴族のために作られたシリーズだとされています。
ポイントは、「唯一無二であること」。
実は『イタリアンフルーツ』の小花のデザインはいくつかのパターンが用意されているのですが、どのパターンを採用するかは絵付け職人に任されているのです。
まったく同じものは存在しない、手作業のぬくもりを感じられる人気シリーズです。

〇グランデューカ

マリーアントワネットの母としても知られる、オーストリアの女王マリア・テレジアのためにデザインされた『グランデューカ』。リチャードジノリ250周年の際に復刻版として生産されました。
白磁にあしわれた優雅な花模様は、才色兼備といわれたマリア・テレジアのイメージにぴったりです。

〇アンティックローズ

ピンクの縁取りと、可憐に咲き誇る薔薇が印象的な『アンティックローズ』。
発表から200年経っても人気が高い同シリーズですが、現在は廃盤となっているため、状態によっては1点のみでも高価買取が期待できるシリーズといわれています。

まとめ

イタリアを代表するリチャードジノリ(ジノリ1735)。現在でも多くの方に親しまれているブランドです。

しかし、リチャードジノリの食器をお持ちの方の中には、

「プレゼントとしていただいたけれど、あまり使っていない……」
「使う機会がなく箱のまましまい込んでいる……」

とお困りの方も少なくないのではないでしょうか。
そんなときは、専門の査定士が在籍している買取業者に買い取ってもらいましょう。
買取業者ならブランドの価値や希少性などを価格に反映してくれるので、高価買取に期待できます。
特にリチャードジノリは人気の高いブランドなので、しっかりとした依頼、相見積もりをおすすめします。