大倉陶園ってどんなブランド?

okuratouen今回は、日本の食器ブランド「大倉陶園」について取り上げます。
日本発の、そして日本初の高級洋食器ブランドとして誕生した大倉陶園の食器は、高級感たっぷりの見た目や使用感もあってこくないがいで 高く評価されていますが、

「ブランドについて実はあんまり詳しくない」
「大倉陶園の食器の中でも特に高く売れるのはどれ?」

という方も多いでしょう。
そこで、ここでは大倉陶園とはどんなブランドなのかという点について、また特に高価買取が期待できる大倉陶園の食器についてまとめてみました。

大倉陶園について

大倉陶園は、1919年創業の洋食器ブランドです。1919年といえば和暦でいうところの大正8年ですが、この年、大倉孫兵衛という人物によって創立されました。
孫兵衛は万国博覧会で見る機会を得た海外の陶磁器に衝撃を受け、「わが国でもこういう陶磁器の洋食器を生み出してみたいものだ」という想いを持って大倉陶園を作りました。
孫兵衛が生存している間はなかなかブランドとしては芽が出ず、苦戦することになりましたが、孫兵衛の死後に発表された第1作の食器は高い評価を得て、その後、日本の上流階級の人々に愛されることになりました。皇室でも使用されるほどになり、やがて海外にもその存在が知られるようになります。
現在では、日本国内のコレクターはもちろんのこと、海外のコレクターからも熱視線を浴びる洋食器ブランドとなっています。

高価買取が期待できる大倉陶園のシリーズとは?

国内外で高評価を得ている大倉陶園の食器は、買取額も高くなりますが、特に高い額をつけてもらえるのは注目度が高いシリーズの食器です。
ここでは、特に高い買取額が期待できるシリーズについて紹介します。

○ブルーローズ

ブルーローズ(青いバラ)という名前にある通り、青いバラのデザインをあしらっているのが特徴です。
慎み深く気品を感じさせる色調のブルーは、見る人を魅了します。
また、食器のふちには金彩がほどこされており、より食器の持つ気品を高めているのが特徴といえます。

○金蝕のバラ

こちらもバラをモチーフにしたシリーズであり、黄金色に彩色されたバラが美しく配置されているのが特徴です。
黄金色といえばギラギラした雰囲気があるのではと思われるかもしれませんが、大倉陶園の金蝕のバラは重厚感のある落ち着いた黄金色で、気品の高さを感じさせます。

まとめ

日本発の高級洋食器ブランドとして知られる大倉陶園は、海外でも高く評価されています。
特に、今回紹介した有名シリーズの作品は国内外で高い需要を誇るものであり、売れば高い買取額が期待できます。
とはいえ、そんな大倉陶園の食器を持っていたとしても、「どうやって売ればいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのは、大倉陶園をはじめとする国内外の洋食器ブランドに関する専門知識を有した査定士がいる買取業者のサービスを利用することです。
買取業者では、専門の知識や経験を持つ査定士によって品物を見てもらうことができ、適正価格で買い取ってもらうことが可能です。
最近ではネットオークションなので手軽にブランド食器を売ることができるようになってはいますが、ネットオークションの売買というのは、結局のところ素人同士が売ったり買ったりするわけで、適正価格で処分することができなかったりします。
また、買い手がなかなか見つからないということもあるでしょう。
一方、買取業者に依頼すればすぐに査定のサービスを受けることができ、さらには適正価格で買い取ってもらうことが可能です。
現金払いの業者も多く、見てもらったらその場で現金を得られるというのも嬉しいところでしょう。ぜひ検討してみてください。