KPMベルリンってどんなブランド?

kpmberlineKPMベルリンの食器、フィギュリンですが、

「プレゼントでいただいたものの、使う機会がない」
「遺品整理で見つかったが、使い道がない」

などの事情で売却をお考えの方もいらっしゃることでしょう。

ここではKPMベルリンの食器の中で特に高価買取が期待できるシリーズについてご紹介したいと思います。
おすすめの売却方法についても触れているので、ぜひチェックしてみてください。

KPMベルリンについて

ドイツを代表する食器ブランド「KPMベルリン」。
ドイツの食器ブランドといえば「マイセン」を思い浮かべる方も多いと思いますが、ドイツでは「マイセン派」と「KPM派」に分かれるともいわれてる人気ブランドなのです。
誕生は1763年。当時の国王フリードリヒ2世によって創立されたため、現在でも正式名称は「ベルリン王立磁器製陶所」としています。
国王が資材、職人にこだわり抜いたKPMベルリンは優雅なロココ調のデザインが特徴。
食器や花瓶、フィギュリンなど多くの陶器製品を生み出しており、現在でも手作りにこだわって製品作りをしています。

高価買取が期待できるKPMベルリンのシリーズとは?

KPMベルリンの食器の中でも人気が高いといわれているシリーズは『ロカイユ』、『クアランド』、『ノイジェラット』だといわれています。
それでは、各シリーズの特徴を見ていきましょう。

〇ロカイユ

1760年代後半に発案された『ロカイユ』。貝殻のようなレリーフ(浮き彫り)に可憐な花柄が描かれているのが特徴です。
命名者は国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世で、とくにこのシリーズを愛していたと伝えられています。
職人がひとつひとつ仕上げているため、生産数が少ない『ロカイユ』。現在でも数十万円で取引されており、中古市場でも人気が高いシリーズだといわれています。

〇クアランド

リボンカーテンの縁取りが特徴的な『クアランド』もKPMベルリンの代表的なシリーズです。
1870年、クールラント公爵の発注をもとにデザイン・制作されたことから『クアランド』という名前が付いたと伝えられています。
同じシリーズでも色味、絵付けに用いられる花柄が異なり、女性からの人気が高い『クアランド』。
輸入代理店でもなかなか手に入らないシリーズであるため、1点からでも高価買取が期待できるといわれています。

〇ノイジェラット

プレートの縁取りとカップの持ち手に金彩が用いられ、全体がブルーで統一されているのが印象的な『ノイジェラット』。このシリーズは『ロカイユ』より古くから登場していたともいわれています。
ロココ調のデザインが取り入れられており、フリードリヒ2世も大変気に入っていたのだとか。
現在も生産されているものの、日本での流通は少ない『ノイジェラット』。
絵付けがあるもの、大きいものは特に高価買取が期待できるといわれています。

まとめ

食器ファンからの人気が高いKPMベルリン。
売却の際は食器の買取に精通している査定士が在籍している買取業者を利用しましょう。

最近は

・フリマアプリやオークションサイトに出品する
・リサイクルショップに売る

などの方法でブランド食器を売却される方が増えているようですが、これらの方法はあまりおすすめできません。その理由は、専門知識を持っている人が査定、管理をしていないから。
またフリマアプリなどでは値下げ交渉なども多く、本来ならばもっと高くうれるはずの食器が安値で取引されていることも多々あります。

つまり、知識と実績が豊富な買取業者を利用するのが「高価買取の近道」
ネット上では買取業者の比較ランキングや口コミサイトもありますので、こうしたサイトを参考にしながら業者選びをすることをおすすめします。