フッチェンロイターってどんなブランド?

hutschenreutherフッチェンロイターは、ドイツ発の食器ブランドです。
ウェッジウッド社の傘下に加わっていますが、もともとは1814年に創業された歴史あるブランドで、現在に至るまで高い人気を誇っています。
今回はそんなフッチェンロイターについて、

・どんなブランドなのか
・高く売れるフッチェンロイターの人気シリーズとは

といった点についてまとめてみました。

フッチェンロイターについて

フッチェンロイターは、1814年創業の食器ブランドです。ドイツで誕生したブランドであり、長い年月に渡って上質な食器を提供してきた歴史があります。
フッチェンロイターならではの特徴として、「職人の技術を大事にすること」「価格は多くの人が入手しやすい額に抑えること」ということが挙げられます。
フッチェンロイターでは、機械などよりも人の手のほうが確実に質の高い商品を作ることができるというポリシーを持っており、食器そのものの製造はもちろんのこと、絵付けも熟練の職人が行います。
また、多くの人が入手しやすい価格に抑えることで、たくさんの人が上質な食器を使えるようにしたという功績もあります。

こうして見ると、「買い取ってもらってもあまり高い値はつかないのでは?」と思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。
特に、現在は製造されていないシリーズの食器などは高価買取が期待できます。
具体的にはどんなシリーズの食器が高価買取の対象となる傾向にあるのか、次に見てみましょう。

高価買取が期待できるフッチェンロイターのシリーズとは?

すでに紹介したように、フッチェンロイターの食器はもとがそれほど高額ではありません。
しかし、以下に挙げるようなシリーズの場合には高価買取が期待できます。

○サマードリーム

直訳すれば「夏の夢」という感じになる「サマードリーム」は現在、廃盤になっているシリーズです。
「夏」らしいグリーン、イエローといったカラーを使った絵付けが行われているのがポイントで、爽やかな空気感が感じられるような夏の野原をイメージした野ばらなどがデザインとしてあしらわれています。
カップをはじめさまざまな種類の食器があり、全種類を集めたいというコレクターが多くいることもあって、サマードリームは高価買取の対象となっています。

○ブルーオニオン

ブルーオニオンは、中国の磁器風のデザインが施されたシリーズです。
白磁の上に青い顔料を使って絵付けが施されており、格調高い雰囲気を感じさせるということもあって高い人気を誇っています。

まとめ

ドイツ発の食器ブランドであり、上質な食器を安価な価格で提供しているという点が特徴的なフッチェンロイター。ブルーオニオンやサマードリームといった独特のデザインを施した食器が人気で、職人の手による絵付けが行われていることで、安価ながらも高級感も感じられます。
食器買取の業界では、特に廃盤になっているサマードリームなどは高価買取が期待できるシリーズとなっています。ブルーオニオンの場合も、カップ&ソーサーが揃っていれば買取額が上がるということがあるようです。

さて、そんなフッチェンロイターの食器について、

「家にサマードリームらしいのがあるんだけど使ってないので売りたい」
「ブルーオニオンのセットがあるけど、高く売るにはどうすればいいの?」

という方もいると思います。
そのような方には、食器の買取を行っている買取業者の査定・買取サービスを利用することをおすすめします。
買取業者は食器に関する豊富な知識を持っているので、フッチェンロイターの食器についてもしっかり見たうえで適正な価格をつけてくれるでしょう。
最近は「査定を受けるだけでもOK」というところも多いので、何軒かの業者に見てもらって高い査定額をつけてくれたところに売るというのも良いと思います。
ぜひ参考にしてみてください。