ヘレンドとはどんな食器ブランド?

herend買取業者さんはさまざまなブランドの食器を買い取っています。
今回は食器ファンの中でも人気の高い「ヘレンド」というブランドについてご紹介したいと思います。

・どんなブランドなのか
・高価買取が見込めるシリーズについて

などまとめてみました。
売却をご検討の方にも参考になる内容になるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

ヘレンドについて

ヘレンドはハンガリーの首都から少し離れたヘレンド村で誕生した磁器ブランドです。
創業は1826年。
ヴィンツェンツ・シュティングル氏がハンガリー初の磁器工房を開いたのがヘレンドの原点です。
しかし、当時のハンガリーは産業革命まっしぐらという時期であったため、本格的に磁器事業が稼働したのは2代目モール・フィッシャーの代になってからだといわれています。
はじめは上流階級向けの食器を生産していたヘレンドですが、のちに一般市民向けの食器制作も開始。ヘレンドの代表的な「シノズワリ(中国風、東洋風、を指す言葉)」を確立し、世界的な磁器ブランドに飛躍しました。

高価買取が見込めるヘレンドの人気シリーズとは

ヴィクトリア女王の目に留まるほど美しいヘレンドの食器は、現在でも多くの食器ファンを魅了しています。
今回は、高価買取が期待できる4シリーズをご紹介したいと思います。

〇ヴィクトリア

時は1851年。ヘレンドはロンドン博覧会に蝶と牡丹を描いた磁器を出展しました。
するとこの作品がヴィクトリア女王の目に留まり、城で使うディナーセットとして購入されたのです。当時まだ無名のヘレンドは一躍有名になり、ブランドとしての転換期を迎えることに。
こうしてこの作品は『ヴィクトリア』と呼ばれ、ヘレンドの代表作となりました。

〇インドの華

このシリーズで使用されている「ヘレンドグリーン」は日本の柿右衛門様式を意識したものといわれています。それはなぜかというと、「当時、ジャポニズムが大流行していたから」。
ヘレンドは上流社会の貴族の好み、流行を把握した上でこの淡い緑色を選択したのでしょう。
また、パリ万博主催者であるウージェニ妃がハンガリーの皇帝フランツ・ヨーゼフをおもてなしするのに『インドの華』を使用したというエピソードも残されています。

〇アポニー

1860年代後半、ハンガリーのアポニーという伯爵に「急ぎ、新作を作ってほしい」と要求されたヘレンドは、急遽新たなデザインをすることに。
「時間がないなか、アポニー伯爵に満足してもらえるデザインを……」と考えたヘレンドは『インドの華』を簡略化したものをデザインしました。
『インドの華』と同じヘレンドグリーンが使われているのも、上記が理由となっているのです。一人のわがままな伯爵の依頼によって誕生した『アポニー』ですが、現在では世界中に愛されるシリーズとなっています。

〇ウィーンの薔薇

一輪のバラが美しいこの絵柄は、オーストリアの貴族であるハプスブルク家専用のデザインとして利用されていましたが、1864年以降はヘレンドが引継ぎました。
また、ウィーン出身の皇妃エリザベートがヘレンドの『ウィーンの薔薇』を愛用していたことも有名なエピソードとして残されています。

まとめ

ハンガリーを代表する磁器ブランド・ヘレンド。上品で優雅なデザインは現在も多くの女性を魅了しています。

しかしヘレンドの食器をお持ちの方の中には、

「せっかくいただいたけれど、なかなか使う機会がない……」

とお困りの方も少なくないのではないでしょうか。
そんなときは、専門の査定士が在籍している買取業者に買い取ってもらいましょう。
ブランドの価値や希少性などを価格に反映してくれるので、高価買取に期待できます。
特にヘレンドは人気の高いブランドなので、専門的な査定を受けられることをおすすめします。