クリストフルってどんな食器ブランド?

christofle食器の買取を行っている買取業者の中には、「カトラリーの買取にも力を入れている」という会社が多数存在します。
しかし、どんなブランドのカトラリーが高く売れるのか?と気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「クリストフル」というカトラリーブランドについてご紹介したいと思います。

・どんなブランドなのか
・高価買取が期待できるシリーズについて

などまとめてみましたので、ぜひご覧になってみてください。

クリストフルについて

クリストフルはフランスで誕生したシルバーウェアブランドです。
銀製品のカトラリーを専門にしているブランドですが、最近はフォトフレームなどのグッズも展開しています。
創業は1830年。
当時のシルバーウェアは「純銀製」で大変高価なものでしたが、創業者のシャルル・クリストフル氏は「貴族以外の一般市民にもシルバーウェアを届けたい」考えていました。
そこで彼が目をつけたのが「銀メッキのカトラリー」だったのです。
彼の熱い想いによって誕生した銀メッキカトラリーはすぐさまヨーロッパ中で大ヒット。現在、世界中の高級レストランや豪華客船で使用されています。

高価買取に期待できるクリストフルの人気シリーズとは

「卓上の芸術品」ともいわれているクリストフルのシルバーウェア。今回は、とくに人気が高い4シリーズをご紹介したいと思います。

〇マルリー

ルイ14世が「離れ」として建設した「マルリー城」が名前の由来とされている『マルリー』。
発売以降、一切デザインの変更などを行っていないロングセラー商品です。
ヨーロッパの花や草がロココ調でデザインされている『マルリー』は、カトラリーの種類ごとに少しずつデザインが変えられているのがポイント。
豪華客船や高級レストランでも使用されており、「口当たりがよく、手に馴染みやすい」と評価されています。

〇マルメゾン

『マルメゾン』は棕櫚の葉と蓮の葉の左右対称の装飾がデザインされています。
ナイフとフォークの裏面にまで装飾がされているのが特徴で、この繊細な美しさにナポレオン王も惚れ惚れしていたのだとか。
一般的な銀メッキカトラリーと比べ、10倍以上のシルバーコーティングを施している『マルメゾン』。美しさと強さを兼ね備えており、「三世代使えるシルバー」ともいわれています。

〇リュバン

フランス語で「リボン」の意味を持つ『リュバン』。この名前のとおり、柄の部分には可憐なリボンのデザインが施されています。
『リュバン』はかつてマリーアントワネットが愛した「ルイ16世スタイル」を基調としており、女性人気が高いシリーズだといわれています。

〇アルビ

フランス南西部にあるアルビ街の大聖堂からインスピレーションを得てデザインされたといわれている『アルビ』。
シンプルな美しさを追求した『アルビ』は使う人の性別を問わず、どんな食卓にも合わせることができるので贈り物としても人気が高いシリーズです。カトラリー1本でも高額買取になることが多いといわれています。

まとめ

フランスを代表するシルバーウェアブランド・クリストフル。見た目の美しさだけではなく、使いやすさや口当たりにもこだわって製作されています。

しかし、クリストフルのカトラリーをお持ちの方の中には、

「せっかくいただいたけれど、なかなか使う機会がない……」
「場所を取ってしまってる……」

とお困りの方も少なくないのではないでしょうか。
そんなときは、専門の査定士が在籍している買取業者に買い取ってもらいましょう。
ブランドの価値や希少性などを価格に反映してくれるので、高価買取に期待できます。
特にクリストフルは人気の高いブランドなので、しっかりとした査定を受けられることをおすすめします。